更新日:2014/10/31

私は宮城県の出身ですが、現在は東京の看護学校に通っています。まだ入学したばかりの1年で、将来的には大きな病院に入りたいと思っています。

どうして看護学校に入ったのかは、東日本大震災を経験したことがきっかけです。この時に多くの看護師の方が必死に頑張ってくれていることを知って、自分もこうした仕事をしたいと思っていたのです。それまでは全く看護の仕事に行こうということは考えていなかったのですが、現在はとにかく勉強をして看護の世界に入りたいと思っています。

そして私が同じように人を助けられる仕事が出来れば一番いいと思っていますし、出来れば急患を助けられる仕事に就きたいと思っています。まだ1年目で色々と学ぶことは多く、ついていくのも厳しいように感じています。しかしやる気だけはしっかりとあるので頑張っていきたいです。そして無事に看護学校を卒業して、それなりに頑張れるような所に就職できるようにしたいと思っています。





ナースの募集について考える


ナースになるには大学に入って医学部を選考し、看護師の資格を大学在学中に取る必要があります。大学在学中に取ることができたら今度は医療関係や病院関係の企業に勤めるために就職活動を大学3年生の夏くらいから始めます。病院や医療に関する企業は一つの地方で約300件くらい存在しているので、自分が勤めたい企業を選ぶ時に大変ですが、そういう場合はインターネットを使って求人サイトを閲覧するとすぐに見つかります。病院や医療に関する求人サイトは最初どの企業も募集しているのですが、半年くらい経つと募集期間が終了している所もあるので、それ以降も募集している限られた企業で選ぶことができるので自分の就きたい仕事に迷う必要が無くなります。


ナースの求人サイトで応募することができた場合は、一週間後に採用試験の案内状が届きます。試験が開始されるのは案内状が来てから3週間後くらいなので、それまでに医療や病院について勉強ができます。勉強方法は人によって違いますが、参考書や問題集を買って一日でどれだけのページ数をやるのか考えてから勉強した方が効率良く勉強ができます。採用試験の最初の時間は筆記試験を行います。筆記試験では計算問題や数学の応用問題が必ず出てくるので、その問題を中心にした勉強をします。計算といっても試験に出てくる計算問題は高校の時に習う計算問題なので自分が高校の時にやった問題を思い出して計算を解くことで試験本番でも焦らずに試験問題が解けるようになります。

企業看護師求人







ページのトップへ戻る