更新日:2014/10/20

私は宮城県の出身ですが、現在は東京の看護学校に通っています。まだ入学したばかりの1年で、将来的には大きな病院に入りたいと思っています。

どうして看護学校に入ったのかは、東日本大震災を経験したことがきっかけです。この時に多くの看護師の方が必死に頑張ってくれていることを知って、自分もこうした仕事をしたいと思っていたのです。それまでは全く看護の仕事に行こうということは考えていなかったのですが、現在はとにかく勉強をして看護の世界に入りたいと思っています。

そして私が同じように人を助けられる仕事が出来れば一番いいと思っていますし、出来れば急患を助けられる仕事に就きたいと思っています。まだ1年目で色々と学ぶことは多く、ついていくのも厳しいように感じています。しかしやる気だけはしっかりとあるので頑張っていきたいです。そして無事に看護学校を卒業して、それなりに頑張れるような所に就職できるようにしたいと思っています。











ページのトップへ戻る